2011/02/13

シュルレアリスム展

六本木の国立新美術館で開催中の『シュルレアリスム展』に行ってきました。

シュルレアリスムとは何ぞや。まぁ、正直そう簡単ではないですよね。シュルレアリスムの絵は昔から好きで、高校の美術部にいた頃、シュルレアリスム“もどき”の絵を描いていたりもしましたが、そんな自分でも良く分かりません。

「シュルレアリスムは、それまでおろそかにされてきたある種の連想形式のすぐれた現実性や、夢の全能や、思考の無私無欲な活動などへの信頼に基礎をおく。他のあらゆる心のメカニズムを決定的に破産させ、人生の主要な諸問題の解決においてそれにとってかわることをめざす。」(『シュルレアリスム宣言』 アンドレ・ブルトン著/ 巖谷国士訳/岩波文庫)

ちょうど会場を入ってしばらくしたところに、 こんなテキストが壁一面に掲げられていました。余計分からなくなります(笑)

まぁ、要するに、現実(日常世界)と壁一枚隔てたところにある目に見えない世界、それは空想だったり、幻想だったり、眠ってる間に見る夢だったり、夢の啓示だったり、予感だったりするわけですが、そういう“超現実”とか“過剰な現実”から、新しい芸術、真実の美を発見し、試みようとしたものだと理解していますが、いかがでしょうか?

ダリ「不可視のライオン、馬、眠る女」

さて、今回の『シュルレアリスム展』には、フランスが誇る現代美術館“ポンピドー・センター”から、そんなシュルレアリスムなコレクションが多く貸し出されています。出版物などの資料も含めると約300点。 キリコ、マグリット、ミロ、ダリ、エルンスト、デルヴォー、タンギー、さらにはデュシャンやポロック、或いはブリュエルやルネ・クレールまで、ビッグ・ネームはだいたい網羅してるのではないでしょうか?

ミロ「シエスタ」

展示の流れてしては、1910年代の“ダダ”の登場に始まり、“シュルレアリスム宣言”が発せられた1924年から1930年代の全盛期、2度の世界大戦を経ての変遷、第二次世界大戦によるアメリカでのシュルレアリストたちの活動、そして戦後の変遷と時代的な流れを追っていて、アートしてのシュルレアリスムを総括的に紹介しているという感じでした。その中で、「自動記述」や「偏執狂的」「アンフォルメル」といったキーワードが登場し、そのテーマに添った展示がなされています。それぞれテーマごとに、シュルレアリスムを語った文献からの引用が訳つきで紹介されているのですが、その訳が前世紀的な直訳調の読みづらい訳のままで、難解なテーマを更に難解にさせていました。(せめてもっと分りやすく訳し直してくれればよかったのに…)

ブローネル「光る地虫」

ポンピドーセンターから大挙してやって来るということで、個人的には相当期待をしていたのですが、マルグリットは7点の出品があったものの、キリコは3点、ダリは2点と少々物足らない感じも。一方マッソンとブローネルは作品数が多く、それぞれ20点前後はあったのではないかと思います。貴重な作品をわざわざ貸してもらうのですから文句を言ってはいけませんが、目玉になるような著名な作品がなかったのは事実かもしれません。

マグリット「赤いモデル」

自分が出かけたのは、延長開館をしている金曜日の夕方ということもあり、それほど混んではいませんでしたが、結局閉館まで2時間半もいて、ちょっとぐったりしました。森や川があって、美しい女性がいて、静物があって…といういわゆる一般的な絵画と異なり、シュルレアリスムの絵って不可思議なモチーフや奇妙な模様の奥に潜む画家の内面や哲学、夢の啓示なんかを想像しないと分からないというか、何を伝えようとしているのか理解をしようと頭を働かせるので、思った以上に知力と精神力を消耗してしまうようです。まぁそこが面白いとこなんですが。

今回のお気に入りの一枚。なんともシュール(笑)

 
ブルーメンフェルド「仮面のセルフ・ポートレート」


【シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―】
国立新美術館にて
5/9(月)まで

シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)









シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)









ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)

2011/02/09

運慶展

神奈川県立金沢文庫で開催中の『運慶展』に行ってきました。

金沢文庫って、遠いですね(from 我が家)。学生時代、友人が住んでたので、よく遊びに来ましたが、久しぶりに来たら、よくこんな遠いところまで遊びに来てたもんだと思いました。

さて、金沢文庫でも博物館のほうの金沢文庫ですが、ここはかつて鎌倉時代に北条氏の一族の北条実時が収集した和漢の書や記録文書などを保管するために創設し、鎌倉武士に開放した書庫で、今でいう私設図書館のようなところでした。鎌倉幕府滅亡後は隣接する称名寺により管理され、昭和5年に県の施設として復興し、約20年程前からは歴史博物館として活動も行っているのだそうです。入口を入って一階のスペースには、金沢文庫の成り立ちや、鎌倉時代の武家や庶民の生活風景などを紹介したコーナーもあります。

『運慶展』はそのフロアの上の2階。とっても小さなスペースです。だからあまり大きな期待を寄せてくると、ガクっとくるかもしれません。実際、そういうことを話している老夫婦がそばにいました。

でも、量より中身、広さより濃さ!

運慶作 大日如来坐像(国宝) 奈良・円成寺所蔵

何がすごいって、すでに語られていることですが、運慶の真作で間違いない、またそうであると推定されている仏像は全国にわずか十数躯しかなく、そのうちの7躯がこの展覧会に出品されています。確かに狭い空間ですが、その密度の濃さといったら、窒息しそうなぐらいです。

運慶作 大日如来坐像(重文) 東京・真如苑所蔵
(展示期間 2月8日(火)~3月6日(日))

見ものはやはり、三躯が揃う大日如来像。国宝の円成寺の「大日如来坐像」は運慶の若かりし頃の作品ということで必見ですし、真如苑所蔵の「大日如来坐像」は数年前の海外流出騒動となった話題になったもので、昨年重要文化財に指定されたばかりの仏像です。もう一躯、光得寺の「大日如来坐像」は厨子に収められた小さな仏さまですが、大変細やかな造りで美しい仏像。ただ、写真のように厨子入りの状態でなく、仏像と厨子が別々に展示されていたのがちょっと残念な気がしました。

運慶作 厨子入大日如来坐像(重文) 栃木・光得寺所蔵

滝山寺の「帝釈天立像」は運慶と長子・湛慶の作と伝えられる仏像で、男性的で力強さが伝わってくる運慶の仏像と異なり、「これも運慶か」と思うような鮮やかで美しく、女性的な慈悲深さが印象的でした。

伝運慶・湛慶作 帝釈天立像(重文) 愛知・滝山寺所蔵

最後に登場する光明院の「大威徳明王坐像」は手のひらに乗るぐらいの小さな仏像で、あちこちが欠け、見るも無残な状態なのが甚だ残念なのですが、単眼鏡で覗くと、その精緻な造り、いかにも運慶らしい力強い表情に感動すること必至です(単眼鏡をお忘れなく)。これが破損のない完品だったらと思わずに入られません。

運慶作 大威徳明王坐像(重文) 神奈川・光明院所蔵

金沢文庫という都心からちょっと離れた場所での展覧会ですが、栃木や愛知といった、なかなか足を運べないような寺院からも運慶の仏像が来ていることを考えれば、これはまたとない画期的な仏像展だと思います。会期は3/6までですが、浄楽寺の「毘沙門天立像」と「不動明王立像」(ともに重文)は2/27までの展示ですのでご注意ください。


神奈川県立金沢文庫80年 特別展「運慶-中世密教と鎌倉幕府-」
神奈川県立金沢文庫にて
3/6(日)まで